スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

あなたの為ならこの身など

JUGEMテーマ:小説/詩




――さこんっ!

朱にまみれた鎧。
血の気の失せた蒼白な顔。
その姿を目にしたとき、石田三成は、心臓が止まってしまうのではないかと思った。
「左近! 左近! しっかりせよ! 私の声が聞こえるかっ」
三成の必死の呼びかけに、盾板の上に横たわった男は、薄く目を開いた。
「殿……」
「すまぬ、左近。そなたをこのような目にあわせて」

――まったく、なんて顔をするんだろうね、うちの殿は。これじゃあ、殿が心配で、おちおち討ち死にもできやしない。

そんなことを考えているうちに、痛みが薄らいできた。
島左近は、ゆっくりと上体を起こし、盾板の上に胡坐をかくと、部下に命じて鎧をはずさせた。
脇腹と太股に一発ずつ被弾している。
「左近。大丈夫なのか」
「なあに、かすり傷ですよ。心配ご無用」
座ったまま応急の手当てを受けながら、わざと元気に答えてみせる。
それでも、三成の体の震えは収まらないようだった。
「殿、しっかりしてください。今は、俺の心配などしている場合ではありませんぞ。西軍の命運が、殿の采配にかかっているということをお忘れなく――」
「分かっている。分かっているのだ」
ぷい、と横を向いた拍子に、三成の頬をこぼれたしずくに気づき、またも左近は小さくため息をついた。
(泣かないでくださいよ、殿。大将がそんな顔をしていては、全軍の士気にかかわるでしょうが)
まだ負けと決まったわけではない。天下分け目の戦いは、これからが正念場なのだ。
そんな大事なときに、戦の行方よりも、一人の家臣の負傷を気遣って涙ぐむなどとは。
(殿らしい、というべきか)
そういうところに惚れたのだ、と胸の中でもう一人の左近がにやりと笑う。

手当てを済ませた左近に、再び三成が声をかけた。
「しばらく休んでおれ。後は、私が前線に出て指揮を執る」
「とんでもない。大将は常に、本陣に不動でいなければなりません。俺への気遣いなら無用ですよ。どんなことがあっても、殿は左近がお守りします。そのために、俺はここに居るんですから」
「左近……!」
蒼白だった三成の頬に、朱の色がさす。
「佐近、確かに俺は情けない主君だ。そんなことは、お前に言われずとも分かっている」
それでも――、と三成は唇をかんだ。
「今、この戦況の行方よりも、お前の身が大切なのだ。叱られてもいい。怒鳴られてもいい。お前を死なせたくない」
「殿?」
こんな頼りなさげな三成を見たのは初めてだった。
西軍の総帥としての張りも、大名としての誇りも、なにもない。親にはぐれた子どものように、おびえた眸子がすがるように左近を見つめている。
「左近を失うかもしれぬ、ということが……これほど辛いとは思わなかった」
体の半分を、魂の半分を、引きちぎられるほどの苦痛。おそらくそれは、己が世界のすべてを失うに等しい苦しみだ。
盾板の上に横たわった左近の姿を見て、それがどういうことか、身にしみて三成には分かったのである。

「――まったく、困った人だ」
苦笑しながら、言葉とはうらはらに、左近は三成の華奢な肩を抱きしめていた。
「殿、左近に万一のことがあっても、決して……」
「え?」
よく聞こえなかった、と三成がけげんそうに眉を寄せる。
「いえ、何でもありません」
ぐい、という感じで三成の肩から手を離すと、左近はその場に跪き、凛とした声で告げた。
「では殿、島左近、再び出陣いたし、敵を蹴散らしてまいります」
「頼む。……死ぬなよ、左近」
見上げれば――。大きく見開かれた三成の眸子は、今にも涙がはじけそうだ。
主の必死のまなざしに応え、左近は晴れやかな笑顔を浮かべた。
「死にませんよ!」

馬上、長槍を振るいつつ、島左近はゆく。
行く手をさえぎる無数の敵を蹴散らし、突き殺し、何度も突撃を繰り返し――。
鬼神をも凌ぐその勇猛な戦ぶりは、後の世まで語り伝えられた。

「殿の為なら……」
この身など、何で惜しかろう。
あの日、石田三成という主君にめぐり会った日から、己が命などとうに捨てている。
だが――、と左近は思う。
(俺が死ねば、殿は泣くだろうな。まさか、早まるようなことはないだろうが)
先刻、飲み込んだ言葉が、頭の中でぐるぐる回っていた。

――あのひとを、泣かせたくない。
――俺はただ、殿の笑顔を守りたいのだ。

だから、死ねない。
必ず、生きて。
勝利を我が物とする。
殿の笑顔のために。


◆◇◆

拍手お礼用SS第二弾は、久々の佐和山主従です。
やっぱりどうしても、殿が乙女チックになってしまいますね。(^_^;)
本当は、石田三成という人は、もっと強い人だったと思うのですが、どうも無双から入ったせいか、私が書く殿は、左近に頼りっぱなしというイメージになってしまいます;;
いつか、もう少し凛とした殿を書いてあげなくては…。

世界で一番幸せな私

JUGEMテーマ:小説/詩

 

横を歩いている平助くんの髪が、さらりと私の頬に触れる。
改めて……本当に改めて、生身の平助くんが隣にいるのだと実感して、私は心の底からうれしくなってしまう。

――神様の気まぐれだろうか。

突然、降ってきた幸せに、最初はどうしたらいいのか分からなくてとまどったけど、今は素直にその気まぐれに感謝したい。
ありがとう、神様。
ありがとう、平助くん。


「なあ、花梨。このやたらキラキラしたやつって、いったい何だ?」
平助くんは、少し歩くたびに立ち止まっては、目を丸くして私に尋ねてくる。
「んとね、それはクリスマスツリーっていってね――」
そう、もうすぐクリスマス。
街中が、クリスマスソングとイルミネーションであふれている。
見たこともない夜の景色に、平助くんは興奮しっぱなしだ。
「俺たちの世界じゃ、夜は暗くて寂しいものだって決まってたんだけどなあ」
不思議そうに夜空を見上げる平助くん。
私は、そんな平助くんの後姿に見惚れてしまう。
髷を解いて、ゆるく後ろで束ねた髪は、腰まで届きそう。つやつやで、さらさらで、うらやましくなるくらい綺麗な髪。
今の日本では、長髪が一般的ではないと知った平助くんは、髪を切ろうかと提案したのだが、私は断固反対した。だって、もったいないんだもの。こんなにきれいな髪なのに。
それに。
もし、もしも、だ。彼が元いた幕末の時代に帰ることになったら、髪が短いと困るだろう。そんなこと、絶対にあってほしくはないけど……。
「そのかわり、星がさ、それこそ数え切れないくらいいっぱいで、ほんとに綺麗だったんだぜ」
「うん」
「お前の世界じゃ、星なんて見えねえもんな」
振り向いた笑顔が、ちょっぴり寂しそう。
「花梨にも、あの星空を見せてやりてえなあ」
やっぱり、自分の生きていた場所が懐かしいのかな。
そうだよね。こんな訳の分からない世界で、ひとりぼっちなんだもの。
それまでの自分の人生が根こそぎなくなってしまったようなものなんだもの。
(私ひとりじゃ、どうすることもできないよね……)
私に気を使ってくれているのか、ふだんはそんな素振りを見せない平助くんだけど、時折ふっと、表情の端々に寂しい影がにじむのを見るたび、胸が締め付けられるみたいで切なくてたまらない。


そのとき、暗く凍てついた空から、雪が降ってきた。
「あ、雪だよ! 寒いと思ったら……」
はしゃいだ声を上げた私に、平助くんは優しいまなざしで微笑んだ。
「やっぱり花梨は、笑顔がいいな」
「………」
どきん、と心臓が音をたてた。顔が熱くなる。

――不意打ちだよぉ。そういうの、反則っていうんだよ。

一度火がついてしまったときめきは、もう自分ではどうにもならない。
世界中の誰よりも、平助くんが好き。
本やドラマで知っている藤堂平助ではなく、今、目の前にいる平助くんが好きだ。


はらはらと風に舞う粉雪が、平助くんの髪に、肩に、舞い落ちる。
その雪に、イルミネーションが反射してキラキラ光る。
まるで、空いっぱいに瞬く星のように。
「平助くん――」
私は、平助くんの手を握り締めると、端正な顔をじっとのぞきこんだ。
大きな眸子に、夜の街が、そして上気した私の顔が映っている。
「私には、平助くんの眸子の中に星が見えるよ」
「ば、馬鹿!」
あわてて背を向けた彼。
ごめん、びっくりした?
だけど。
私には確かに見えたよ。あなたの眸子に宿った星の輝きが。
きっとそれと同じくらい、あなたの生きていた世界の夜空は、綺麗に澄んでいたのだろう。
いつか二人で、「平助くんの星空」を見ることができたらいいのに、と心から思う。それはもしかして、とてつもない運命に身を任せることになるのかもしれないけれど。


神様の気まぐれで、あなたに出会えた。
これから先、どんなことがあっても、あなたについていきたい。
平助くんと二人なら。たとえどんな試練にでも、立ち向かっていけそうな気がする。
私はきっと、世界で一番幸せな女の子だ。


◆◇◆

もうすぐ拙サイト「いにしえ・夢語り」の開設記念日です。
ようやく4周年。毎年、この日を迎えるたびに、よくここまで続いたなあ…という感慨と、その割にはちっとも中身が充実しないなあ…という忸怩たる思いにとらわれます。
まったく、4年もサイトやっていながら、この中身の薄っぺらさは何たることでしょうね;;
今年も今年で、とにかく仕事がとんでもない忙しさでして、結局なにもできずに5年目に突入!ということになりそうです。
ああ、情けなや…。(T_T)
とにかく、拍手お礼だけでも何とか更新したいと思っているのですが。
これは、その第1弾。できるかどうかわかりませんが、開設日までに何とか、新選組、三国志、戦国の3種類をアップしたいと思い、がんばっています。

彩 ヒカルの碁イラスト集

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
またまたテレビ東京系で「ヒカルの碁」の放送が始まりましたね。しかもゴールデンタイムでの再放送!
なんで今さら…?と思ったら、どうやらDVD BOXが発売されるのに合わせた前振りだったようです。
私はまた、ようやく未完のままになっている「北斗杯編」の続きをやってくれるのか?と喜んだのですが…。やっぱり、それは無理なのか…。残念。(T_T)

それはともかく、やっぱり何度見てもヒカ碁は面白い!というわけで、今日レビューするのは、以前大好きだった頃に、どうしても諦めきれずに買ってしまった「ヒカルの碁」の豪華イラストブックです。
おそらくは、我が家にある本の中で2番目に高い本かと。(一番高いのは、人形劇三国志の写真集「三国志百態」です)
先日買った「薄桜鬼」のイラストブックと比較するわけではないのですが、こちらはほんとに、ひたすら小畑健さんのイラストを見せる!という充実の造りでして、ファンにとっては大満足の一冊ではないかと思います。
見開きいっぱいに佐為のどアップとか…もう、たまりませんよ〜〜。\(^o^)/
書き下ろしもいっぱいだし、お値段は少々はりますが、それに見合う内容で、ヒカ碁ファンなら買って損はないと思います。
オススメ!!
もちろん★5つ!!

劇場版アニメ「三国志」主題歌

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

長い間ご無沙汰してました。
昨日、38度の高熱と闘いつつ「レッドクリフ パート2」を見てきました(爆)。
だから、というわけではないのですが、大好きな劇場版アニメ「三国志」 の主題歌がニコ動にアップされていたので、うれしくて〜〜。
谷村新司の「風姿花伝」。画像は低画質ですが、そこんところは目をつぶって…。

こんな雰囲気のアニメだったんです。我が家の定番三国志です。
今思えば、よくこれだけの作品が作れたなあと驚嘆するくらい、かなり力が入った作品だったと思います。まあ、某宗教団体がスポンサーについていたからこそ出来たのかもしれませんが。
劉備も関羽も孔明もかっこいいですよ〜〜。
とくに、第1部「英雄たちの夜明け」が超オススメです。
もし機会があれば、ぜひ!ご覧になってくださいね。

わっ! 早速消されてる〜〜;;
ってことで、画像はないのですが、谷村さんの歌だけのものを貼り付けておきますね。


二人静

 


――ねえ、私の声、あなたの耳に届いてる?



あの夜、平助くんは人であることを捨てた。

私のために傷を負い
私のために命を失い
私のために……人として生きることを捨てたのだ。


人としての喜びも、悲しみも
あなたがこれから出会うはずだったすべてのものを
私がこの手で奪ったのだ。

許してもらおうなんて、思っていない。
ただ、あなたと一緒にいたいだけ。


あなたが
羅刹と化した我が身を疎ましく思うのなら
私も同じものに身を落とすから。

あなたが感じる恐怖を
底知れない悲しみと怒りを
私もともに背負うから。


だから、傍にいていいですか――。



◆◇◆

拍手お礼用に考えた詩。
「薄桜鬼」の藤堂平助くんに、ヒロインからの思いを詠んだもの。
元々は、二次創作したくて考えた出だしの文章だったのですが、やはり二次創作は得意ではありません(笑)。
いつか、書けるといいなとは思っているのですが…。

う〜ん。

今、このブログをのぞきにきたら、ニコニコ動画がメンテナンス中で、見れなくなっていました。
そこで、ふと気づいたこと。
もし、ニコ動にアップされている動画が、何かの理由で見られなくなったり、削除されてしまったりしたら、このブログってほとんど見るところがなくなるんだ、ってこと。
きゃあ、考えただけで恐ろしい…。(>_<)
でもこれって、ありえないことではないですよね。
事実、ブログにアップしてあるうちのいくつかの動画が消されてますし。
まじめに、普通のレビュー記事をアップしなくちゃだめかな…。

やっぱり「ヒカ碁」が好きだった!

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

まずは、良質MADをご覧ください。



大好きでした!>「ヒカルの碁」
実は、私が初めて本館サイト「いにしえ・夢語り」を立ち上げた頃、いちばんはまっていたアニメが「ヒカルの碁」 でして、月イチ更新する予定で始めたレビューコーナー「今月のお気に入り」の記念すべき第1弾が「ヒカルの碁」だったんです。
それから何度もアニメ放送を見、ついには全話録画してマイDVDシリーズを作ってしまったり、コミックスも全巻揃えてしまったり(もちろん、古本屋で大人買いですよ…笑)、イラストブックまで買ってしまったり。
さすがに碁をやろうとは思いませんでしたが…。
つーか、これだけ囲碁のマンガ見ているのに、未だにさっぱり碁が分からない私って…。(^_^;)

先日、娘とカラオケに行って、ヒカ碁の曲を歌ってきたのですが、DAMの「SINCERELY -ever dream- 」と「Days」の2曲、画面がものすごくうまく編集してあるんです。まるでニコ動の神MADのように!
歌よりも画面が気になって…。佐為が消えるところとか、もう娘と二人で「きゃあ〜〜〜〜〜!消えないで〜〜〜っ」と大騒ぎで、歌どころではありませんでした。(T_T)
やっぱり「ヒカルの碁」大好きです。
絵も、ストーリーも、アニメ版も原作も、すべてが最高!!

百花繚乱(薄桜鬼公式イラストブック)

評価:
電撃Girl’s Style編集部
アスキーメディアワークス

JUGEMテーマ:ゲーム

うふふふふ…。ぐふふ。
来た、来た、来た、来ましたよ!
アマゾンで注文していた「薄桜鬼公式イラストブック」が、昨夜ようやく手元に届きました〜〜。\(^o^)/
昨年12月に発売されるという予告があってから、何度も延期になり、もしかしたら出ないんじゃないか…と本気で心配していたんですが。(^_^;)
3月11日発売予定!というお知らせは、ずいぶん前に聞いていたのですが、いつまでたっても予約の受付は始まらないし。アニメイトなどでは、少し前から予約できてたみたいだったんだけど、アマゾンではごく最近まで載らなかったんですよね。
それが、先日ようやくアマゾンでも予約できると知って、なおも半信半疑で(笑)申し込んでおいたのです。
本当は12日に届いていたのですが、留守にしていたため、手元に届いたのは昨日でした。

やっぱりカズキヨネさんの絵ってすごいね〜。
書き下ろしイラストは少なかったですが(というか、もう少し大きいサイズでたくさん見たかったけど…)、どれもこれもすごくかっこいいし、娘と二人できゃあきゃあ言いながら見てました。
しかも表紙が…!
私の大好きな土方さんのイラストで…もう、これだけで満足!
新たな「萌え」の投入で、来週からも過酷な(?)お仕事にがんばれる元気が出てきました。

ただ、イラストブックとしての評価は★3つですね。
上にも書きましたが、正直もう少し「絵」が見たかった、というのが本音。
スチルや表情カットなど、あまりにも小さすぎて…。デザイン的にはキレイにまとめてあったということなのでしょうが、肝心のカズキヨネさんのイラストを堪能するには、あまりにも消化不良になりそうです。
ゲームのファンブックだと思えば、それなりに納得はできるものの…。
さんざん待たされたあげく、お値段もかなり高額ですし、ちょっと残念ですね。

平ちゃんが好きすぎる動画

JUGEMテーマ:ゲーム

やばい、やばい、やばい…。
この動画、やばすぎる…。
遅々として進まない平ちゃんの小説ですが、こういう動画を見ていると、思わず背筋がぞくぞくっとしてきて、なんか目の辺りが熱く…鼻の奥がじんわりしてきてしまいます。
皆さんのコメントを見ていても、平ちゃんが好きな人って、ほんとに大好きなんだなあ〜(←変な日本語ですね、すみません;;)って、書き込んでいるときの表情まで分かってしまう自分がこわい…。

ほんとにもう、平ちゃん、ステキすぎ。
好きすぎてどうにもならない。
音楽がまた美しくて儚くて、なんとも不安定な平ちゃんっぽくて、すごくよい!
空を見上げる平ちゃん。
背中が寂しそうな平ちゃん。
笑顔が儚げで…思わず抱きしめたくなる平ちゃん…。
そして、エンディングの平ちゃんの笑顔は、ほんとにまぶしくて優しくて…。
生きていてくれてよかった〜〜と、心の底から思いました。

自作の小説は、まだまだ先行きが見えませんが…。
最後、平ちゃんと別れるシーンは、本当に泣いてしまいそうです。
辛くて、悲しくて…。
あなたを元の世界に返したくない!
死なないでほしい!
取りすがって、大泣きしそうです>ヒロイン。(T_T)
あれ? これって、何気にものすごいネタバレ??


 

ドラゴン・キングダム

JUGEMテーマ:映画

大好きなリー・リンチェイ(ジェット・リー)と、ジャッキー・チェンという二大スターの共演が話題になった映画です。
正直、お話としてはすごく王道だし、ストレートすぎて特にひねった展開があるわけでもなく、一昔前の香港製のカンフー映画という感じ。
ただ、さすがに二人が戦うシーンの迫力はすごいです。
ジャッキーが酔拳スタイルで、リンチェイが少林寺スタイルというのも、ファンサービスとはいえ泣かせますねえ。 (^^)
白い衣に身を包んだリンチェイさまのかっこいいこと!
やっぱり、彼のカンフーは美しい…。
最初に登場するチャイナタウンの老人。そして孫悟空。
その正体に気づいたとき、思わずあっと驚き、そしてニンマリしてしまいますよ。
できることなら、主人公の男の子がもう少しハンサムだったら、なおよかったのになあ(笑)。
作品全体の評価は、私的には ★3つ! というところですね。
久しぶりにカンフー映画の面白さを堪能させていただきました。

<< | 3/31PAGES | >>