<< チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷 | main | 「南京路(ロード)に花吹雪」を語ろう! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

劇場版ワンピース「オマツリ男爵と秘密の島」

アップデート:2006年1月12日

以前はずっと見ていたテレビの「ワンピース」。劇場版も、何度か映画館へ足を運んだが、今はときたま劇場版のビデオをレンタルするくらいで、まったく見なくなってしまった。
もうずいぶん長いことやってるよなあ。
最初はあの絵にどうしてもなじめなくて、子どもたちがテレビを見ていても素通りしていた。ところが、たまたまレンタルする機会があって、ず〜っと通して見てみると、これがなんとも面白いではないか!
こういう一話完結じゃないお話は、一気に「かため見」をするに限る。毎週見られるとは限らないし、時間があくと前の話を忘れてしまうし。
そんなこんなで、一時はすっかりこの熱い世界に夢中になっていたものだった。

さて、今回の劇場版「オマツリ男爵〜」であるが、ちょっと今までと絵がちがう。絵のスタイルというか、主人公たちの顔や服装もテレビ版とは変わっていて、なんとなく不思議な雰囲気。
私としては、何となく最後まで違和感が残ってしまったのだけど……。
さらに、お話がと〜〜っても暗いのだ。(ーー;)
最初の出だし、金魚すくいのシーンはすごく楽しくてワクワクしたんだけどなあ。最後まであのノリで行ってくれたらよかったんだけどね。
オマツリ男爵の気持ちは理解できるし、花には栄養(←生きた人間)が必要だっていうのもわかるのだが、子どもにはちょっと難しい話だったのではないだろうか。
ラストのバトルシーンなんて、絵的にもなかりグロかったし〜〜。キモかったし〜〜。
ワンピースは、やっぱり基本はお子様対象のアニメだと思うので、ちょっとあのテンションの暗さはつらかったなあ。
ルフィの仲間たちの確執も、最後まで解消されずに、何となくうやむや感が残って不満だった。
やっぱり、みんなで力をあわせて強大な敵に立ち向かっていく、やられてもやられても屈することなく立ち上がって、最後は大逆転ホームラン!っていうのがワンピースの真髄でしょう。
ということで、評価はかなり辛口ですが(★★☆☆☆)です。
テレビシリーズの初期の方が、だんぜん面白かったんだもの。
チョッパーの話なんて、ほんとに号泣もんでしたよね〜〜。

お気に召したらぽちっと押してやってください
人気ブログランキングに登録しています。

スポンサーサイト

| - | 07:01 | - | - |

Comment

Submit Comment