<< 長政とお市ストーリーに号泣;; | main | 仮面ライダーZOの主題歌=沖田総司のテーマソング? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

久しぶりにボロ泣きしました…。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
このところ、頭の中が新選組一色だった私が、ここへきて、またまた火に油を注ぐような作品と出会ってしまいました。
菅野文さんの「北走新選組」というコミックです。
もう、これはダメ! 反則でしょう…というくらい、久しぶりに、マンガを読んでボロボロ泣きました。横に娘がいたにもかかわらず、こらえきれずに声を出して号泣してしまいました〜〜 。(T_T)

「北走新選組」は、文字通り戊辰戦争の中、北へ北へと戦い続けた京都以降の新選組を題材にした短編集で、「碧に還る」「散る緋」「殉白」の3編が収められています。
それぞれ、主人公は野村利三郎、相馬主計、大鳥圭介から見た土方歳三、となっていますが、3作を通して一本貫かれた芯は土方歳三という男の生き様であり、彼ら新選組が何のために戦い、生き、死んだのか、がテーマになっています。
もう、1本目の野村が死ぬところで涙腺崩壊。(T_T)
その後は息も絶え絶えになりながら、読了しました。
今思い出しただけでも、目頭が熱くなってしまいます。これは絶対、人前では読めないですねえ…。

あまりにもかっこいい土方さん。菅野さんの絵が美しすぎます。
まなざしが、横顔が、風に乱れた前髪が、背中が…。何もかもが、彼の生き方を語っていて。
――副長、男前すぎですよっ!
今まであまり取り上げられなかった函館での新選組。
組織としての新選組は、鳥羽伏見で終わっていたのかもしれないけれど、この本を読む限り、やはり最後の最後まで、新選組は新選組として、真の武士の集団としてあり続けたのだ、ということがひしひしと胸に迫ってきます。
近藤を失い、何のために戦うのかさえ見失いかけていた土方に、もう一度「生きる」ことを思い起こさせたのは、野村や相馬、島田といった若者たちでした。
一度は崩壊してしまった新選組が、彼らの中では今も厳然とした姿で存在していたのです。
それぞれが己の信ずるもののために戦い、己の信ずるものに殉じる。死ぬために戦うのではない。義に生き、信念を貫くために戦うことこそが、真の武士。
最後の最後に、土方さんの思いが大鳥さんの胸に届いて、ほんとによかったです。彼の生き方を理解してくれる人がいた、というただそれだけのことで、すごく救われた気がしました。

こういう作品を読むと、何よりもまず、その作者さんがいかに新選組を愛していらっしゃるかというその思いの強さが伝わってきてしまい、私などはそれだけで泣けてしまうのでした。
とにかく、久々にマンガ読んで感動しました…。
すばらしい新選組の物語を、ありがとう!

評価はもちろん、満点 ★★★★★ です。


絶賛応援中!

スポンサーサイト

| - | 22:26 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://y-chika-novel.jugem.jp/trackback/320

Trackback