<< コンビニに出陣する左近 | main | HEART OF SWORD(ロングバージョン) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

風を待つ

JUGEMテーマ:小説/詩





あ、風が変わった――。


雨が降るかもしれませんわ。
早く片付けて、家に戻りましょうか。

畑仕事の手を止めて
妻がつぶやく

屈託のないその笑顔にひきこまれるように
私も明るく微笑み返す

 
緑したたる初夏の午後
草の匂いのする 少し湿った風は
雨が近いことを告げている

この風のように
いつか 私の世界も変わるのだろうか


いつまでも
この隆中の片田舎で 愛する妻とふたり
穏やかに 静かに暮らしていたい

そう願う心のどこかで
何かを待ちこがれる気持ちが動いている


それは風なのか
あるいは嵐なのか

私はひとり
時を待つ臥龍



◆◇◆

4周年記念のSS3作を拍手お礼からいったん下ろし、改めてサイトの各コーナーからリンクし直しました。
代わりのお礼用にと、あわててアップしたのがこちら。
「詩」と呼べるほどのものでもないのですが、未だ劉備に見出される前の、隆中に晴耕雨読していた頃の諸葛孔明の心境を書いてみました。
胸の中にあふれるほどのたぎり立つ「思い」を抱えながら、じっと風を待つ臥龍。
そんな夫を、温かく見守る妻。
やがて訪れる天の時が、二人の運命を大きく変えていくことになるのですが…。

スポンサーサイト

| - | 16:31 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://y-chika-novel.jugem.jp/trackback/311

Trackback