<< 諸葛孔明時の地平線 13 | main | 春色気分 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

ワンピース劇場版「カラクリ城のメカ巨兵」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


ひょんなことから出会った老婆を、彼女の息子でありメカ島の領主であるラチェットのもとに送り届けたルフィ海賊団。その後ラチェットらとともに宝探しをすることになったルフィたちだが、その先には数々の罠が待ち受けていた…。2006年3月に全国劇場公開された、劇場版7作目。(Amazon商品説明より)

いやー、なかなか面白かったですよ。
私としては、前作「オマツリ男爵と秘密の島」が原作とアニメファンを置いてきぼりにした大はずれな作品だったので、今回もあまり期待していなかったのですが…。
前作への反省?からか、今回はいつものルフィたちのノリで、話も分かりやすかったし、前半の宝探しの謎解きも、後半のラチェット一味とのバトルも、なかなか楽しめました。
ただ、敵さんがあまりにもヘボくて、あっさりやられすぎ。まあ、テレビシリーズの敵キャラみたいに極悪なヤツじゃなかったから、あの程度でよかったのかもしれないけどね。
ルフィはもちろんですが、ゾロとサンジにはそれなりに活躍の場面があったのに、残りのメンバーにはほとんど見せ場がなかったのも少々寂しかったけど…。
そして。ボスキャラの声が何とSMAPの稲垣吾郎くんで…。(/_;)
なんつーか、プロの声優さんの中にひとりド素人が混じっている;;って感じで、聞いてて辛かったですねー。まあ、吾郎ちゃんはそれなりにがんばってたとは思うけどね。やっぱり「格」の差はいかんともしがたいのですなあ。
さらに、今回チョッパー役の大谷育江さんが体調を崩しておられた時期だったらしく、違う方が吹き替えていらっしゃったのですが、もう、違和感ありまくり…!
つい先日、チョッパーエピソードの劇場版を見てきただけに、「ああ、やっぱりチョッパーの声は大谷さんでなきゃダメだー!」感を強くしました。
評価は正直、3.5ってとこなのですが、結構ワンピース感に溢れてて(?)子どもにもオススメだし、思いっきりバカ笑いできたので、おまけの ★★★★☆ ってことで。

お気に召したらぽちっと押してやってください
人気ブログランキングに登録しています。

スポンサーサイト

| - | 16:28 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

トラックバック機能は終了しました。

Trackback