<< かもめ食堂 | main | DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

最遊記外伝(3)

おおっ!
いつの間に最新刊が出たんだ?
ちっとも知らなかったよ〜〜。というわけで、先日本屋さんで偶然「最遊記外伝 3」を発見し、いそいそと購入しました。(^^)
これもスパンが長い(季刊誌に連載)ので、前の話忘れちゃったよ、マジで。
それでも、本編に比べると、かなりテンポよくお話は進んでます。
「最遊記」の前日譚という設定で、500年前の天界を舞台にしており、悟空はそのままですが、あとの三人は、下界に生まれ変わる前の天界人の姿で登場します。すなわち、玄奘三蔵=金蝉(こんぜん)童子、沙悟淨=捲簾(けんれん)大将、猪八戒=天蓬(てんぽう)元帥という前世のお姿。
つまりこの四人の結びつきは、前世からの因縁によるものだったというわけ。まだお話は途中ですが、どうやらハッピーエンドにはなりそうもない雰囲気……。(^_^.)

第3巻は、暴走しちゃった悟空をかばって、金蝉(三蔵)、捲簾(悟淨)、天蓬(八戒)が天界を脱出しようと試みる話なんですが、李塔天の陰謀によって、なんだか三人ともものすごい悪人に仕立て上げられてしまうんですね。
自分の命を懸けて、必死に悟空を守ろうとする金蝉が、けなげでかっこいいです。
前世も相変わらずな四人ですが、次あたり、悟淨(捲簾)が真っ先に死んじゃいそうな予感がするな〜。
アニメでは第1期の「幻想魔伝最遊記」の中で、ホムラの話に形を変えて、このあたりの事情がちらっとだけ出てきていましたね。
悲劇的な終焉を予感させながらも、これからの展開を楽しみに続刊を待ちたいと思います。
外伝シリーズは結構好きかも。評価は(★★★★☆)かな〜。

お気に召したらぽちっと押してやってください
人気ブログランキングに登録しています。

スポンサーサイト

| - | 20:03 | - | - |

Comment

Submit Comment